アイフルなら内緒で借りれるワケ!ここがポイント!

自宅には電話がかかってこない!
郵送物は本人限定で配送可能!
在籍確認も書類で行える!
プライバシー保護に徹底している!

アイフルで内相に借り入れする方法について紹介しているサイトです!

アイフルを始めとして、
キャッシングやカードローンを利用したい場合に、
周りに申し込んだことを知られたくない場合が多いはずです。


友人や家族に内緒で利用開始できるのか、
その点について述べてみることにしましょう。


利用開始にはカード発行までの手続きが必要となりますが、
そこまで内緒に済ませられるかどうかが分かることでしょう。


他人バレを心配することなく、
借入ができるものなのか、それを解説いたします。


借入申し込みや利用を知られることはない

アイフルでも借入の申し込みからカード発行までを、
他人に知られることにはなりにくい点は、まず述べておくべきでしょう。


現在では原則的に、
たとえ友人や家族でも利用者本人以外には、
借金契約の話をしないようにされているからです。


借入に申し込めば、
アイフルにおいても本人確認や在籍確認の連絡があるでしょう。


その際にあからさまに、
借入の申し込みについての話であることは、
本人以外には告げません。



これは利用開始してからでも変わらず、
アイフルから連絡をされるにしても個人名で連絡してきますし、
本人以外に内容は告げません。


ですから基本的にはアイフルの利用は、
内緒に済ますことができ、他人バレを心配する必要などありません。


少なくとも友人に知られることを心配する必要は全くないでしょう。


このように記すのは、同居している家族に対しては、
勘付かれる場合もあるかもしれないからです。


店頭や宅配便サービスであれば内緒で受け取れる

アイフルからの借入を、
友人に知られる心配は必要ありませんが、
同居の家族にはもしかしたら知られてしまう場面はあります。


その一つは、発行されたカードを郵送で受け取る場合です。


ポストに投函されることにはならず手渡しされますが、
その際に同居の家族でも受け取れるはずです。


中身を確認されない限りは、
アイフルから発行されたカードとは気付かれませんが、
それでも何か申し込んだことは察してしまうかもしれません。


アイフルではこの点に関しても気配りされているので、
不安を抱く必要はありません。


店頭や無人契約機で、
カードを受け取るといった手段も設けているからです。



また、宅配便による、
本人限定配送のサービスも用意しており、
本人が応じない限りはその荷物を受け取れないものです。


アイフルでの契約時に、
郵送以外でのカード受け取りを指定するのであれば、
家族バレする心配は必要ないでしょう。


宅配便による本人限定配送について

宅配便を使ったアイフルのローンカード配送サービスの説明をしましょう。


単純に行ってしまえば、
時間指定で配達されるサービスだと考えればよろしいです。


午前中といった時間帯指定を始めとして、
12時から2時間区切りで21時まで6つの配達される時間帯を指定できます。



自分にとって都合のいい時間帯を指定しておき、
アイフルでの借入を申し込んだ本人が発行されたカードを受け取ることができます。


受取人確認配達サービスであるため、
本人が応じない限りは荷物を渡してもらえません。


そのため本人確認書類を提示する必要があり、
具体的には運転免許証や健康保険証にパスポートなどの、
身分証明書を見せなければなりません。


本人確認書類を見せられるよう用意を必要としますが、
家族バレを避けるためであれば苦ではないはずです。


たとえ家族と同居していない人でも、
時間帯指定で受け取りたいのであれば、便利なサービスではあるかもしれません。


ぞんざいな使い方をすれば知られるかもしれない

アイフルなら友人や家族に内緒で利用でき、
カードの発行も知られることにはなりにくいでしょう。


ただし、アイフルのみに限りませんが、
友人や家族に内緒で借入できたとしても、
その後の返済への応じ方によっては知られることもありえます。


稀なケースではあるでしょうが、
返済の支払いも延滞したまま本人が行方をくらましている場合です。



本人に連絡が付く限りは、例えば本人の携帯電話であったりと、
友人や家族に気付かれにくい形で返済の催促をします。


しかし、本人との連絡が付かなければ催促のしようがありませんから、
家族へ連絡を入れるということにも繋がります。


この時点では借金を返済していないという話は家族には告げませんし、
連絡して欲しいと告げるくらいではあるでしょう。


それでも本人とは連絡が付かない状態がしばらく続いた場合には、
何となく察せられる内容で家族に打ち明ける場合もあります。


借入したまま返済をほったらかす、という使い方をしたのであれば、
結果的に借入したことやカードの発行を知られてしまう可能性もあるわけです。